エンジニアリングサービス
【設計開発】

トップページ > 商品・サービス > エンジニアリングサービス【設計開発】

デジタルツールの活用を推進し、
トヨタ・ダイハツグループの車両開発における品質を向上


ダイハツ工業を中心とした、CAD・CG・CAEなどのデジタルツールの活用拡大で、
トヨタ・ダイハツグループの車両開発における品質向上に貢献。
車両開発全般を通して解析や評価などを実施することで、常に高品質で最適な提案を行います。
さらに、バンパ・グリル・ガーニッシュなど内外装部品を中心とした設計を受託し、低コストにて実現。
グループにおけるグローバル人材の育成に向け、
設計業務で必須となるCAD教育についても力を注いでいます。

事業内容

車両開発

CG(コンピューター グラフィックス)

CADデータを活用し、色や質感を追加し3D-CG車両を製作。
現物車両がなくても車両カタログやWeb、販促品用の画像や映像の制作ができます。

CG(コンピューター グラフィックス)

デジタルアセンブリ

CADデータを組合せてデジタル上で車両を作成します。
試作レスで組立性の確認、見栄え品質の向上を行い、開発期間の短縮、品質向上に貢献しています。

デジタルアセンブリ

CAD教育

CATIA、CREOの導入教育・新入社員教育だけでなく、お客様のスキルや業務内容に応じたカスタマイズ教育も提案します。

CAD教育

エンジン適合

エンジンベンチや車両にて適合・評価などを行い、最適なECU適合値の提案とエンジンの性能・品質向上に貢献しています。

設計受託

バンパ・グリル・ガーニッシュなど主に内外装部品の設計を受託し、標準車開発業務の一翼を担っています。