DBC RECRUITMENT 株式会社ダイハツビジネスサポートセンター

良品廉価の部品を生み出し続けダイハツ車をさらに輝かせる 良品廉価の部品を生み出し続けダイハツ車をさらに輝かせる

技術事業部 部品開発室 国内用品開発G

トップページ > 社員インタビュー > INTERVIEW15

主な業務内容

ダイハツ純正用品の設計検討から
試作・評価、発売準備まで全て担当

主に3DCADを用いて、ダイハツ純正用品(アクセサリーパーツ)の受託開発をしています。エアロパーツやガーニッシュなど、1台の車種における内装・外装の多くの部品を1人で担当し、ダイハツ工業㈱の企画グループやデザイナー、協力会社様とともに、設計検討から試作・評価、発売準備まで全てを行います。
協力会社様の選定も担い、各社のプレゼンテーションや得意分野、コストなどを見極めて、案件ごとに最適な会社を選んでいきます。開発力はもちろん、交渉力や調整力なども総合的に高められています。

先輩のサポートを受けながら20の部品を同時並行で開発

仕事のやりがい・苦労話

先輩のサポートを受けながら
20の部品を同時並行で開発

用品開発では、1つの車種の中で外装・内装の多くの部品を1人で担当します。私も現在20部品の開発に携わっています。製造方法や材料など幅広く知識が必要になるため、覚えることも多いですが、その分、開発担当者としてどんどん成長できるので大きなやりがいがあります。
実際に開発を進める中では、定期的に図面を用いて検討会も実施します。「このタイプの部品は、こういう取り付け方をすると上手くいくよ」など、ベテランの先輩方から貴重なアドバイスをいただける機会でもあり、開発のスキルが向上していることを実感します。
開発期間は最短で約6カ月と短いため、スケジュール管理も重要です。申請書などに関しては、スムーズな提出とやり直しが発生しないことを心がけ、入力作業にいたるまで細かく注意を払っています。

ダイハツ車をより魅力的にする部品の設計・企画提案を行う

今後の目標

ダイハツ車をより魅力的にする
部品の設計・企画提案を行う

企画グループの構想に対して、製造面やコスト面を考慮して実現可能か否かの判断を行うことも大切な役割です。実現に向けて協力会社様とともに開発を進めますが、当初の構想では不可能と判断した場合、それに変わる新規開発を企画グループに提案していきます。今後はさらに経験を積み、技術を高めて、今まで以上に魅力のある部品の設計・企画提案を行っていきたいです。そして良品廉価の部品を生み出し続け、ダイハツ車の魅力をさらに高めたいと考えています。
ダイハツビジネスサポートセンターは、沖縄に開発センターを新設するなど、設計開発事業にもさらに力を注いでいます。自動車設計に興味のある方はぜひ、一緒に働きましょう!

一日のスケジュール
(フレックスタイム制採用・水曜日はノー残業デー)

一日のスケジュール (フレックスタイム制採用・水曜日はノー残業デー)
08:45
出社 メール&スケジュールチェック
09:15
グループミーティング(各プロジェクトの進捗確認)
10:00
設計検討
12:00
昼食
13:00
打合せ(デザイナー)
14:00
打合せ(仕入れ先様)
15:00
設計検討
16:30
資料作成・仕入れ先様調整
17:30
退社
19:00
友人と食事
23:30
就寝